不労所得への道1-私が不労所得を本気で目指しだした理由とは?

私は元々不労所得を稼ぎたいと思っていた理由は「やりたくない仕事をしたくない」ということが原動力でした。

 

私は会社員で一生働きたくないと考えていて、言い方を変えれば社会不適合者かもしれません。

 

会社で毎週5日、遅い場合だと終電まで働く時もあり、仕事の疲れでプライベートも満足できるほど充実していませんでした。

 

会社でやりがいや充実感を持って仕事に取り組んでいれば、感じ方も変わっていたかもしれませんが、
私の場合は会社への希望はなく、将来にも絶望をしていたのが現実でした。

 

私が会社に抱いていた不満は下記の通りです。

 

●定時にタイムカードを切らして、残業の証拠を隠す

●時給換算するとバイト以下の賃金になる

●社長はお客様の満足度を上げると言うが、やっていることは違う

●お客様は満足よりも、不満足の方が多い

●上司に尊敬できる人がいなく、会社に染まりすぎている

 

 

元々私が求人から応募した会社なのですが、求人情報に書いてある内容と異なっていました。
今見返しても笑ってしまうほど違います。これが会社を表す全てなのでしょう。

 

でも今思うとこういった負の感情を抱くことが、自分のやる気の原動力になり結果に繋がったので
今は感謝しかありません、

 

日本社会で生きて行く為の考えを広げる

 

当時の私は自分の人生について本気で向き合うことができたと思っています。

 

今後生きて行く上で取れる選択肢は二つでした。

 

転職活動をして会社を変える

 

私は過去に数回転職を繰り返して、結局会社を変えても不条理や納得出来ない事が出てきます。

 

考えてみれば当然の事で、会社に心から満足して働いている人なんて世の中で探す方が難しいです。
経営者は収益が直結するので、嬉しいと思いますが、それが反映されにくい日本社会では転職活動を繰り返しても
同じだと考えるようになりました。

 

というわけで転職は保留

 

自分で稼げる能力を付ける

 

結局辿り付いたのが、この稼げる能力を付けたいってことでした。

 

ただ個人で稼げるビジネスモデルは限られていて、出来るだけリスクと取りたくないと考えていました。
当時の貯金は30万円ぐらいしかなかったので、できるビジネスも限られている。

 

最終的には不労所得的な収入を作りたい

 

この時に漠然と考えていたのは株式投資、不動産収入、権利収入的な不労所得を稼ぎたいと考えるようになっていました。

 

理由はすごくシンプルで、自分の労働時間外から収入が発生できれば凄く嬉しい、、、って子供が考えるような事を本気で考えていました。

 

何から始めるか個人で出来ることを模索する日々

 

個人で出来るビジネスモデルを徹底的に調べました。

 

ネットワークビジネス

 

私は友達を失いたくないし、このビジネスは否定もしないですが、私はどうしても興味が持てなくて参入しませんでした。

 

株式投資

 

今でこそ株式投資は行っていますが、何といっても当時の資産では参入する余地もなく、
株式投資は最初に行うべきではないと参入はできませんでした。

 

ドロップシッピング

 

ドロップシッピングも調べるも手間や面倒な事が多く、5年前、10年前なら私でも稼げたかもしれませんが、
今の時代、今後は個人的にはやるビジネスモデルではないと判断

 

個人ライター

 

法人や個人事業主に依頼をされて、記事を書く仕事。
ランサーズという会社があって、企業と個人を繋げてくれます。

 

案件も常に募集をされていて、月に3万円ぐらい稼ぐことは可能です。

 

しかしこれは時給換算すると素人の場合には500円とかになるので、個人的にはあまり魅力を感じませんでした。

 

転売、せどり

 

転売は最初に私が参入した個人で出来るビジネスモデルです。

 

DVD、CD、本、おもちゃ、掃除機、カメラ、フィギア、カード、小物、

 

アマゾンのサービスでFBAという機能を使うことで、発想、入金、お客様対応を全て行ってもらえます。
つまり自分で行うのは仕入れとアマゾンの倉庫に商品を送るだけ。

 

方法としてはアマゾンの価格よりも、安く売られている物をリアル店舗で購入するだけなので至ってシンプルです。
ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ドン・キホーテ、ブックオフなどでセールや、叩き売りをしている商品を見つけて、
アマゾンで販売します。

 

 

集客はアマゾンが行っているので売れる商品を売れば、1日ですぐに売れていき、入金も2週間に一度あるので、
キャッシュフローも非常に早いです。

 

私の知っている人で、このビジネスモデルだけで人を複数人雇い月商1500万超え、利益率20%という人がいます。
またネットで調べてみると多くの方が法人化していて、今からでも参入は多くないビジネスです。

 

 

デメリットとしては、一人で行う場合には時間をかけてお金にするので、不労所得的なモデルではありません。
しかし誰もがきちんとした方法で行えば月に10万円、20万と利益を稼ぐ事が可能です

 

この詳しい方法はまた別の機会に紹介します。

 

 

この転売方法で私はまず会社の給料+10万近く稼げるようになりました。

続きはこちらをご覧ください↓

不労所得への道2‐何もしないで不労所得は不可能だと知る

 

トップページで私が月に150万円サイトのみで稼いでいる手法を公開しています。

 

不動産収入で月に150万稼ぐ為には1億5000万円以上の物件が必要ですよね。

 

収入を上げたい!不労収入に近いモノを稼ぎたい方はご覧ください↓

 

 

当サイト一番の人気記事→→不労所得の完全版-ゼロから不労収入を構築する為の秘訣を公開!

 

3 Responses to “不労所得への道1-私が不労所得を本気で目指しだした理由とは?”

  1. […] 不労所得への道1-私が不労所得を本気で目指しだした理由とは?   私は転売という手法を使って、本業の収入に加えて10万の収入を得る事には成功しましたが、満足はしていませんでした。 さらに情報収集に徹底して力を入れる事にしました。 […]

  2. […] 前回の記事を読んでいない方はこちらをご覧ください   不労所得への道1-私が不労所得を本気で目指しだした理由とは? […]

  3. […]   無料メルマガ登録はこちら   不労所得への道1-私が不労所得を本気で目指しだした理由とは?   不労所得への道2‐何もしないで不労所得は不可能だと知る   […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ