CoCo壱創業者の宗次徳二さんの起業アイディア!心を込めた接客の大切さ

rhr20

私が偉大だと思う起業家の一人がCoCo壱の創業者である宗次徳二さんです。全国で1000店舗あるカレー屋さんなので、知らない人もいないでしょう。ちなみに私の家からは100m以内にあるので、一週間に一度はお世話になっています。

 

ダイヤモンド社で出版されている宗次徳二さんの本を読ませていただき、沢山の学びがあったので、記事にさせていただこうと思います。

 

宗次徳二さんの凄いところはゼロから店舗作りを始めて、特別な知識を入れずに、現場主義で誰よりも働き、お客様への気持ちを第1とした接客業がメインとなり、ここまでお店を大きくされています。接客業はもちろん、他業種のビジネスであったとしても、参考にできる場面が非常に多いです。

 

色々な角度から紐解いてみましょう。

カレー業界の常識を変える行動力

CoCo壱の一番のポイントと言えば、カレーの辛さ&ご飯の量を選ぶ事ができる。さらにはカレー屋では珍しい程のトッピングの多さです。

 
原点は宗次徳二さんの【お客様のご要望の通りに自由に提供しよう!】という考え方です。

 

カレーライスは年齢関係なく、子供から大人、おじいちゃん、おばあちゃんまで第人気の食事です。辛さやご飯の量に差別化を持たせるというのは今では常識ですが、昔では考えて実践する人もいなく、当然業界の第一人者という事になります。

 

お客様を心から考えた時に生まれたお店のメニューだそうですが、この考え方はもしかすると他のビジネスや飲食店でもより活用出来るかもしれません。

 

今ある常識を疑え!というのは堀江貴文さんが良くおっしゃる言葉ですが、通じるモノがあります。

 

ラーメン屋でも味を細かく設定出来る場所もあれば、設定なしのお店もあります。

 

今だからこそ料理の味を細かく設定する事が流行になりつつありますが、ラーメンの味を一つに凝縮する事で、あえてマニアの方には受けて繁盛店になっている場所もあります。ここで感じたのは常識は疑うべきであり、常識が変われば原点に立ち戻る可能性もありである。

 

経営には成功の方程式がありません。方程式を探すのであれば、今目の前にいるお客さんに目を向けて改善点を探す方が得策なのでしょう。

社長が誰よりも働き倒す!

 

CoCo壱の宗次徳二が現役の社長時代の働く労働時間が半端ではありません。

一番働いていた年の仕事時間や質を知ったときには非常に驚きました。

 

朝4時頃には起きて、5時には出勤。

1年間休みを取らずに、1日平均15時間労働。

 

しかも立場としては社長であり、お店の経営も波に乗っている時なので尚更驚きました。

 

もちろんこれは従業員ではなく、社長だからこそ成し得た事なのですが、もしも自分は働いている会社の社長がこれほどまでに背中を見せて働いてくれるのであれば、気持ちに応えたい!と思うのは当然の流れですよね。平成になった今はここまで働く社長を私は見たことがありませんが、昭和の時代でもここまで働く人は珍しかったでしょう。

 

今労働時間は8時間でも長いと言われている日本ですが、一時的であったとしても、仕事を人生に捧げる時間があったとしても良いのかもしれません。

 

私自身昨年は正社員として毎日8時間程度仕事をしながら、自分の個人のウェブ制作などの仕事を毎日4時間から5時間程度行っていました。一時的に他の人が行なう仕事量以上の事をすると、お金はもちろんですが、自分の成長へと導いてくれると思います。

 

もしも今社会人の方で仕事が嫌だ!辞めたい!と思っている人は、CoCo壱の社長さんの労働時間や労働の質を想像してみると、自分もやろう!と思えるかも知れませんね。

 

私も最近感じていることですが、ダラダラ働くぐらいなら、一時的に労働時間を増やしてでも、人生を変える為の行動を取った方が良いと言う事です。私の場合は独立したいという夢があったので、会社に全力投球をするのではなく、自分の仕事に全力を出しているのですが、もしもあの頃に現状を変える努力を怠っていれば今の人生は無かったと思います。

 

普通に会社で働いていれば、普通で終わってしまいますよね。現状の生活に不満があるのであれば、今日からでも変える行動を取りましょう!

 

早起きこそがビジネスの原点

 

早く起きることはビジネスマンにとって有効的であると多くの本で語られていますが、まさに実証をしているのが宗次徳二さんだと思いますね。朝4時に起きる事は並大抵の精神力では継続をする事ができません。各ビジネス業界を調べてみると早起きしている人で失敗している人を見たことがありません。

 

私も見習って朝7時には必ず起きるように心がけたいと思います。流石に4時は僕にはできそうにないです、、、。

 

だから僕は凡人なんだろうなと。
起業は難しい考えや、卓一的なアイディアではなく、目の前のお客様を満足させる為の努力が大切なんだということを改めて実感した気がしました。

 

トップページで私が月に150万円サイトのみで稼いでいる手法を公開しています。

 

不動産収入で月に150万稼ぐ為には1億5000万円以上の物件が必要ですよね。

 

収入を上げたい!不労収入に近いモノを稼ぎたい方はご覧ください↓

 

 

当サイト一番の人気記事→→不労所得の完全版-ゼロから不労収入を構築する為の秘訣を公開!

 

One Response to “CoCo壱創業者の宗次徳二さんの起業アイディア!心を込めた接客の大切さ”

サブコンテンツ

このページの先頭へ