プログラミングの知識を活かす!アプリ開発を不労所得にする方法と注意点

アプリ開発を不労所得にする方法は主に3つ

スマートフォンが普及してから何年も経ちますが、現在はさまざまなアプリがストアで配信されています。
その多くは有料で販売されていたり、課金コンテンツがあったりしますが、不労所得としてアプリ開発を行っている方も少なくありません。
若干敷居は高いものの、プログラミングの知識を活かせるため、自信がある方は不労所得源にしてみるのもよいでしょう。

アプリを不労所得にする場合の3つの方法

無料アプリ+課金コンテンツ

もっとも多いのは、アプリ本体を無料で配信し、一部コンテンツを課金形式にするものでしょう。
ゲームから実用系アプリまで、幅広いジャンルで採用されています。
アプリ自体を無料で配信しますので、単体では収益は発生しません。

しかし、課金したくなるコンテンツがあれば別です。
そのコンテンツに魅力を感じたユーザーが課金し、手数料を差し引いた額が収益になります。
さらに課金額を低く設定すれば敷居も低くなるため、長期的に収益を得られます。

アプリは無料で広告を掲載する

次に多いのはアプリ本体を無料で配信し、画面の上部や下部、その他コンテンツに広告を掲載するパターンでしょう。
個人が配信しているアプリで多く見られるパターンで、広告の表示回数やクリック回数によって収益が得られます。

動画広告を掲載したり、特定のタイミングで全画面広告を表示したりする方法もあります。
無料で使ってもらえることからユーザーを増やしやすいうえ、課金コンテンツのようなサポートをする必要もありません。

アプリを有料で販売する

最後のパターンがアプリの有料販売です。
ユーザーを増やしづらく、売れないと収益ならない欠点こそありますが、軌道に乗れば大きな収益が期待できます。
不労所得源としての魅力は大きく、販売価格次第では少ない本数で毎月数万円の収益になるでしょう。

ただし、有料で配信する価値を持つアプリを作らなくてはいけません。
試用期間を設けたり、無料体験版を作ったりする必要もありますので、アプリ開発に慣れてきた方向けといえるでしょう。

アプリ開発の注意点

アプリ開発によって不労所得を得ることは不可能ではありません。
しかし、全くの未経験者でも実践できるかというと、実際はそう簡単な話でもないのです。
配信形式にもよりますが、以下の点に注意しなくてはいけません。

プログラミングの知識がないと難しい

アプリはプログラミング言語用いて開発するため、プログラミングの知識があることは絶対条件です。
一から覚えることもできますが、凝ったアプリを作ろうとすると相当な時間がかかるでしょう。

なお、アプリ開発を外注する手段もあります。
個人でも難しくないものの、数十万円・数百万円の費用がかかります。
もし収益化できるという自信があるなら、外注も一つの手段となるでしょう。

固定ファンを獲得しなければいけない

課金型のアプリは、長期にわたって安定した不労所得を生む可能性があります。
しかし、あくまで課金してくれるアプリのファンが多い場合です。
このため、安定収益を得るためにはファンを獲得しなければいけません。

問題はどうやってファンを増やすかに尽きます。
現在はSNSがあり、告知や宣伝は決して難しくありません。
ただ、アプリの出来によっては逆効果になりやすいため、一長一短といえます。

旬が過ぎると収益も減る

食べ物と同じように、どのようなアプリにも旬があります。
リリース直後や話題になっている間は知名度も高まりますし、課金・購入するユーザーも増えるでしょう。

一方、旬が過ぎてしまうと課金するユーザーが減り、収益も減少してしまいます。
不労所得としての旨味もなくなるでしょう。
いかに人気を高め、旬を長くキープしていくかを考える必要があります。

OSのアップデートに対応していく必要がある

現在主流になっているiOSやandroidは、定期的に最新のOSがリリースされています。
その度に機能の追加や改良が行われていますが、場合によってはアプリの動作に支障が出たり、動かなくなったりします。
このため、アプリをリリースした後は最新OSに対応させていく必要があるのです。

もし最新OSに未対応のままだと、アプリに課金するユーザーも徐々に減っていきます。
収益も右肩下がりの一方ですので、特定アプリを不労所得源にするなら最新OSへの対応は必須といえます。

ライバルも多い

アプリ開発はプログラミングの知識が必須な反面、無料ツールを使えば誰でも始められます。
つまりライバルが多く、アプリを開発しても埋もれてしまう可能性があるのです。

特に不労所得は課金が収益源ですので、アプリに注目を集めて課金へとつなげなくてはいけません。
固定ファンを作る努力を怠らず、場合によっては広告を出すことも考えるべきでしょう。

まとめ

近年、新しい不労所得源として注目を集めているのがアプリ開発です。
課金や広告など、さまざまな手段で収益を得られますが、安定した収益を得るためには長い時間がかかります。
それでも不労所得源としては魅力が多いため、もしプログラミングに自信がある方は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

超お得!新型MacBookがもらえるキャンペーンなどもされています。(詳しくはこちら↓)

 

無料でお金の勉強をしてみませんか?

 

だいぽんさんという方ですが、アフィリエイトで毎月自動で数百万円の収益を何年間にも渡って稼ぎ続けている方がいます。

 

権利収入や不労所得に関して興味がある方はだいぽんさんの無料メルマガがかなり参考になります。

 

メルマガの中身ではどのようにして収益を稼いでいくか全て公開されています。

 

特に3日目に送られてくるメルマガにはかなり有益な情報があるのでおすすめです。

 

無料なので興味がある方はぜひ一度ご覧になってみてください。

 

自由な人生を手に入れる教科書(無料メルマガ)

 

 

自由な人生を手に入れる教科書(無料メルマガ)

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ