コインロッカーで権利収入を得ることのメリットとデメリット.

コインロッカーは常に根強いニーズがある

皆さんもコインロッカーを一度は使ったことがあるかと思います。
駅の構内や繁華街などに置いてあるコインロッカーですが、場所によっては全て埋まることも珍しくありません。
常に一定のニーズがあることから、年々ロッカーの数も増加しています。

1日数百円で利用できることもコインロッカーの人気の理由ですが、実は権利収入としての人気も高まりつつあります。
権利収入に興味がある方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、コインロッカーもメリットとデメリットがあります。
設置場所などの見極めが重要ですので、売上のシミュレーションもしてみることをおすすめします。

権利収入として見た場合のメリットとデメリット

権利収入源としてのコインロッカーには、以下のメリットがあります。
いずれも他の収入源にはないメリットといってよいでしょう。

少額の資金で始められる

コインロッカーが権利収入に最適な理由として敷居の低さがあります。
経営方法によりますが、初期費用は安くて数十万円、高くとも2~300万円程度で済みます。
コインランドリーや不動産投資など他の権利収入源に比べ、少額資金でスタートできる点は大きな強みです。
初期費用を抑えたい方にはコインロッカーが最適でしょう。

土地が無くても事業が可能

コインランドリーは広めの土地が必要ですし、不動産投資も土地や建物などの物件が必要です。
しかし、コインロッカーはビルや不動産のオーナーから一部のスペースを借りるのみで始められます。
フランチャイズの場合、土地のレンタル交渉などは全て丸投げできるため、初期費用を支払うのみで済みます。

メンテナンスなどの手間が不要

コインロッカーも徐々に劣化はしていきますが、メンテナンスの手間はほとんどかかりません。
建物のようにリフォームが不要ですので、設置後はそのまま何年間も放置できます。
もちろん定期的な清掃やロッカーの確認は欠かせませんが、不動産ほどの手間はかからないのが強みです。
フランチャイズであれば、全て会社側に丸投げできます。

長期にわたって収益を上げられる

冒頭でも触れたとおり、コインロッカーは常にニーズがあります。
このため、設置後は長期的な収益が期待できます。
設置している限り、10年後・20年でも収益を上げられるのはコインロッカーならではです。
これも大きなメリットといえるでしょう。

立地によっては安定収益が期待できる

駅構内や繁華街のように、コインロッカーが常に埋まっている場所もありますが、こうした状態を立地が良いからです。
立地次第によるものの、安定した収益も期待できるでしょう。
多額の収益を安定的に得られるため、老後の収益源としても魅力的です。

一方、コインロッカーならではのデメリットも少なくありません。
特に設置場所や経営方法は課題が残るため、解決策をじっくり練る必要があります。

稼働率は設置場所次第

設置場所がよいと、コインロッカーは長期にわたって安定収益を生み出してくれます。
しかし、裏を返せば稼働率は設置した場所次第ということです。
場所が悪いと稼働率も低くなり、収益がほとんど出ない場合があります。
これから始める方は、設置する場所を慎重に選びましょう。

移設時は別途費用がかかる

コインロッカーの初期費用は高くとも300万円ほどです。
これはロッカー代や設置費用、フランチャイズの場合は保証金を含めた金額になります。
ただし移設費用は含まれていませんので、稼働率を上げるために移設する際は別途費用がかかります。
なお、移設費はロッカー1台あたり数万・10万円程度です。

ロッカー1台あたりの収益には限界がある

コインロッカーは1台ごとにロッカーの口数が決まっており、最大収益は固定されています。
例えばフル稼働状態で1日5千円の利益がある場合、1ヶ月の最大収益は15万円です。
それ以上の収益を上げたい時は、料金を上げなくてはいけません。
しかし、料金を上げれば収益は増えるものの、稼働率の低下には注意が必要です。

フランチャイズは手数料がネックになる

コインロッカーはフランチャイズが一般的になっています。
保証金とロッカーの費用を支払うのみで各種交渉から維持管理まで、運営会社が行ってくれます。
一方で手数料が高く、1ヶ月の売上の40%・50%程度を持っていかれます。
仮に月10万円の売り上げたあったとすれば、実際の手取りは4~5万円です。

個人経営は維持管理が大変

フランチャイズに対し、個人事業でコインロッカーを経営している方もいます。
しかし、定期的にロッカーの稼働状況チェックや清掃などの管理を行う必要があります。
これらは最小限で済みますが、フランチャイズに比べると手間がかかることに気を付けましょう。

まとめ

コインロッカーを権利収入として見ると、長期的に収益を上げられる点や、初期費用が少なくて済む点などのは魅力的です。
一方で稼働率や移設費用が問題になりますので、設置場所は入念に決めることが大切です。
フランチャイズ前提であれば、会社側と相談して判断するとよいでしょう。

 

超お得!新型MacBookがもらえるキャンペーンなどもされています。(詳しくはこちら↓)

 

無料でお金の勉強をしてみませんか?

 

だいぽんさんという方ですが、アフィリエイトで毎月自動で数百万円の収益を何年間にも渡って稼ぎ続けている方がいます。

 

権利収入や不労所得に関して興味がある方はだいぽんさんの無料メルマガがかなり参考になります。

 

メルマガの中身ではどのようにして収益を稼いでいくか全て公開されています。

 

特に3日目に送られてくるメルマガにはかなり有益な情報があるのでおすすめです。

 

無料なので興味がある方はぜひ一度ご覧になってみてください。

 

自由な人生を手に入れる教科書(無料メルマガ)

 

 

自由な人生を手に入れる教科書(無料メルマガ)

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ